価値があるの?


趣味でジュエリーを買い集めていた時期がありました。だいぶ以前のことなのですが、私の好きな石のサファイヤやルビーを中心にリングやイヤリング、ネックレスを所有していますが全てをいつも付けている訳ではありません。だいたいお気に入りの物を数点ローテーションで使っています。残りのものは状態が良いのですがジュエリーボックスのなかに仕舞われてそのまま何年も経っている物もあるような状態です。どうせ使わないのならと宝石買取のお店に相談することにしました。使わないくせにいざ売るとなると買ったときの値段が頭に浮かんできて欲が出ます。

せめて少しでも高く買い取ってもらいたいのが本音です。それに一つ私のジュエリーには気がかりがありました。一点リングでひどく変形した物があるのです。こんな壊れても売れるの?価値があるの?と不安はますばかりですが、お店に他のジュエリーと共に持っていくことにしました。緊張して入店し鑑定開始です。まず一つ目、アンティーク調のルビーリングです。かなり古いのです。テーパーダイヤと呼ばれるダイヤが取り巻いているスタイルで最近付けている人はあまり見かけません。どうなることかとおもいきやこのルビーは非加熱石で高額買取となりました。

古いデザインで意外な高額となりましたが、お店の人の話では現在インドや中国でジュエリーの需要が高まっており宝石は高値で売買されるようになってきているようです。とくに私の持っていた非加熱石はルビー、サファイヤ、エメラルドで人気が高く年々高値になってきているようです。たんすに眠ったままのこれらの非加熱石をお持ちでしたら、今が売り時だと言われました。私の場合は鑑定書がありましたので鑑定にも有利だったようです。鑑定書は買取してもらうときには必ず持ってくるほうが良いでしょう。このほかにも数点鑑定をしていただきまあそこそこのお値段でしたので売却しました。

さて、今回の問題ジュエリーの登場です。変形したリングですが結論から言いますと売れました。こういった物は再利用を前提にしていなようで貴金属の価格と宝石の持つ本来の価格はなくなりません。変形したリングや片方だけになったピアス、切れてしまったチェーンでも買取をしてくれるそうです。あきらめないで持ち込んで鑑定してもらってよかったと思いました。近年金とプラチナの値段が上がっていますから、こういう時期に宝石の買取をして貰ったほうがお得でお勧めできます。

RECOMMEND

アクアマリン
アクアマリン
淡い青から濃青色のベリルで、見る方向によっては無色にも見える多色性を有する宝石です。

アゲート
アゲート
玉髄と蛋白石が交互に層を形成している縞模様の宝石であり、内包物や色調などによって紅縞瑪瑙(サードニックス)、苔瑪瑙(モスアゲート)など様々な名称で呼ばれます。

アズライト
アズライト
濃青色の宝石で、孔雀石とともに産出することが多い。