タンスの肥やしになっていませんか?


金やプラチナ、ダイヤなどの貴金属はとても価値のあるものですし、長く愛用していきたいものです。でもアクセサリーやジュエリーにもやはり流行がありますし、若い頃は気に入って使っていたものも、年齢とともに似合わなくなってしまうものもあります。そして、両親や祖父母から譲り受けた宝石などもあるのですが、サイズが合わないこと、やはりデザインが古い、傷みが出ているなどの理由で結局は使っていません。せっかくの貴金属もタンスの肥やしにしておくだけではもったいないと思ったものの、かといって、ジュエリーリフォームなども費用がかかりますし、結局は眠らせておくだけになってしまいました。

いつかは活用しようと思っていても、なかなかその機会も得られず、放置していたのですが、最近は金やプラチナの価格が高騰していることもあり、しかも金やプラチナの場合はデザインが古いとか、壊れているということは関係なく買取ってもらえるということを知りました。街にも買取店が増えてきていましたし、新聞の折込広告やインターネットの広告でも、宝石買取、貴金属買取の文字が目立つようになり、思い切って査定に出すことにしました。まずは、長く片付けていた宝石や貴金属類をチェックしてどれを手放して、どれを置いておくかを決めることにしました。

若過ぎるデザインのものは、今後もつける機会がないということで、手放すことにしましたし、かつて父に購入してもらたネックレスも大事なものだったのですが、こちらは金なのですが、太すぎて、少し下品な感じもしますし、金の量も多いので高価買取が期待できるということでこちらも手放すことにしました。そして両親から受け継いだダイヤモンドはかなり良いものと聞いていましたので、これは今後サイズ直しなどで活用できる可能性もありますので、自宅に置くことにしました。そして宝石類は鑑定書も一緒に保存していましたので、こちらも一緒に持っていくことにしました。

今回は持ち込みで実際にお店に持っていき査定してもらうことにしたのですが、できるだけ良い価格をつけてもらいたいこともあり、数ヶ所で査定してもらうことにしました。査定には費用や手数料がかかるお店もあるとのことですが、ほとんどは無料で行ってもらうことができました。そして、一番良い価格をつけてくれたお店で買取ってもらえたのですが、思いのほか良い価格になり、この費用でまた新しいジュエリーを購入したいなと考えています。自宅に眠る貴金属も思わぬ価値があるものもありますので、長く利用していないものがある方は一度査定してもらうのがおすすめです。

RECOMMEND

アクアマリン
アクアマリン
淡い青から濃青色のベリルで、見る方向によっては無色にも見える多色性を有する宝石です。

アゲート
アゲート
玉髄と蛋白石が交互に層を形成している縞模様の宝石であり、内包物や色調などによって紅縞瑪瑙(サードニックス)、苔瑪瑙(モスアゲート)など様々な名称で呼ばれます。

アズライト
アズライト
濃青色の宝石で、孔雀石とともに産出することが多い。